So-net無料ブログ作成
検索選択

手をつなぐこと、離すこと [育児]

みなさん、最近小人と手をつなぎましたか?私は長男が6歳になり手をつなぐ機会は少なくなりましたが、ト〇エ幼稚園ではいろいろな小人達から手をつないでもらっています。

ト〇エ幼稚園は家族一緒に登園するため、私は自分以外の小人達とよく関わる機会があります。ただ、家族の状況により小人が一人で登園することもあります。例えばお母さん妊娠している、体調を崩している場合など理由は様々。小人にとってお母さんは安心できる大切な存在小人にとってお母さんが近くにいないことはとても寂しく、不安な状況に置かれることになります

 今日、Aちゃんが一人寂しそうに座っていました。Aちゃんのお母さんは今日はお休み。気になって話しかけますが、無反応、こちらを警戒中…まあ、突然知らないおじさんが話しかけてきたらそうなりますわ~(苦笑)。そこで近くにいる小人と話しながら自然にAちゃんも話に加えて、絵本を読んで…時間はかかりましたが次第にAちゃんから反応が返ってくるようになりました。

すると、Aちゃんは「一緒に遊ぼう」と言って私の手を引っ張りはじめました。私は「他の小人と遊んできていいよ~」というと、Aちゃんは「嫌だ」といって手を離しません。まあ、いいかと思いしばらく一緒に遊んでいるとそこに他の小人達も加わって集団ができあがりました。最初、Aちゃんは私の手を離しませんでしたが、しばらくすると自ら手を離して他の小人達と楽しそうに遊び始めました。ここまできたら大丈夫。その後、Aちゃんは私の傍を離れて他の小人と一緒に遊びにいってしまいました。

 小人は日々成長しています。その成長を支えているのは親であり、家族であり、大人です。その役割は小人の成長を支える環境や状況をいかに作り出せるかではないでしょうか私は、小人が寂しさや不安を感じた時は無理に突き放すのではなく手をつないだり一緒に近くにいること、小人が自ら動き出した時はその手を離して見守り少し背中を押してあげればいいと思います。

同時に小人の成長を待つこと、信じることが大切だと感じます。早くから自立や集団生活への順応を促す考え方もありますがゆっくりと小人に愛情を注げば安心と自信を持って自主的に行動し、立や集団生活に順応できるようになります。

そして、そのためには大人達が小人達に健康で幸せな姿を見せることが大切だと思います小人を大切にしたいと思うのであればまず自分自身の心身や生活を大切にすることこうすることで家族や地域に笑顔が生まれて小人へ愛情を注ぐことができるのではないでしょうか人が心身や時間を犠牲にして仕事や家事に疲れ、イライラする…小人は寂しさや不安を抱えても遠慮して手をつなげない、自信をもって親から離れられないこんな状況が小人のいじめや自立の阻害を引き起こすのではないでしょうか。もしもいろいろな事情で親や家族が愛情を注げない時は、近くにいる大人や地域がサポートできる社会が必要だと考えています。皆さんはいつも小人達とどんな時に手をつなぎ、手を離していますか?

 長男や他の小人達と遊んでいた時、偶然に長男のパンチが顔面にHIT!!見事にメガネが破壊されました!!メガネ代金約3万円…こちらの手はもう御免です(苦笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

悩む表現~義務と選択~ [家族]

「学校に行かなければならない義務はないんだよ

 先日、某報道特番で放送された小人の自殺や不登校児に向けてNPOが作成した映像中のメッセージの一つです。出演していたのは昔、不登校になった経験がある学生達。他にも様々なメッセージがありましたが、この部分だけちょっと違和感が…

 理由は、「義務はない」という表現です。私は小学校中学校は義務教育で、その期間に小人達が教育を受ける『義務』と『権利』は重要だと考えています。そして、この二つは双方は表裏一体だと思います。なぜなら「納税の義務はない」といえばほとんどの人達は「なにいってんだ!!」と怒るでしょ。公的な支援、例えば生活保護生存権により保障されている『権利』です。生活保護者に対して仕事ができるよう支援することは納税の『義務』を果たせるよう支援することにつながります。

もし、わたしなら「学校に行かないという選択があるんだよ」と発信します。『義務』はあるけれども『義務』を果たせない状態や時期が誰にでもある、その時に小人、大人誰にでも『選択』できる『権利』があるそれが許される社会であってほしい、私は思います。最初から『義務』放棄を容認する、主張することはお互いに助け合うコミュニティと社会の崩壊へ繋がらないか…『義務』と『権利』について小人の考えや気持ちを尊重しつつ、社会の仕組みや考え方を伝えて共に考えることができるか…大人や役割はとても大きいのではないでしょうか。とにかく小人の「自殺」と「不登校」9月1日だけの打ち上げ花火にならないようこの問題について大人や社会が継続的に考え、小人達が選択して再チャレンジできる環境を整えることが非常に重要だと思います。

三女「7日さぁ、海に行くか学校に行くか迷ってるんだよね~」

私「どっちでもいいんじゃない、〇世(三女の名前)が考えて選んだら~」

 7日はト〇エ幼稚園の行事で海水浴。不登校だった三女が少し学校へ気持ちが向いている様子少しずつ三女も変化、成長していることがわかって嬉しかったです。私には教育を受けさせる義務、三女には教育を受ける義務がありますが…今は三女の成長を信じて自分で『選択』する力と『権利』を尊重したいと思っています。

ただ台風が心配で~す(苦笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

お父さんは家族の鏡 [家族]

 みなさんは水風船を上手にキャッチできますか?私はヘタクソ。なので今回は屋根の上から投げることにしました。

 今日はト〇エ幼稚園の家族ディでした。スリッパ飛ばしゲーム、シャボン玉ゲーム、そりゲーム、戦いゲーム、仮装パーティなど・・・どれもうまく説明できませんが、お父さんお母さん、おじいちゃん、お祖母ちゃん、いつでも誰でも参加OK家族で楽しむレクリエーション大会かな?もし、興味のある方は私の過去のプログに書いているのでご覧ください。

 さて今日は特別な家族ディで、小人達のお父さんが多数参加してました。小人達にとってお父さんの存在は特別。小人達はいつもと違って嬉しい表情をしていましたよ。そして、お父さんの反応の様々お母さんや小人と一緒に楽しんでいるお父さんただじっとしているお父さん笑っているお父さん不機嫌そうなお父さん…いろいろでした。過去の私は何も動かず不機嫌そうに小人達を見ていたお父さんでした(苦笑)。私は「なんで休みの日に、疲れているのに小人の行事に参加しないといけないんだ!!と思っていました。その時は平日だけでなく土日も朝の7時に出勤して夜中に帰宅するような仕事をしてました。そして、そんな自分を少し誇らしい、カッコイイ、「俺は家族のためにこんなに働いているんだ!!」なんて思っていました。今、考えるとあの頃の私は本当にアホだったなあ~と思います。

 確かにその努力により役職につき昇給はしましたでも、家では妻や小人達と会話はゼロ、たまに早く帰宅しても疲れて小人達とは関わらない、些細なことで妻とケンカになる…家族や小人、子育てにとっていいことはありませんでした。その結果、体調を崩して自ら仕事を辞めなければならなくなりました後日談ですが、この時に妻は離婚を考えていたようです。いや~危なかった(苦笑)。そして、仕事を辞めてト〇エ幼稚園に通わなければ長男は生まれなかったかもしれません

 不機嫌なお父さんにお母さんと小人は近づこうとしません。その結果、お父さんは家族内で孤立し、お母さんは一人で子育てを頑張らないといけない・・・そんな悲しい状況が続くことが小人や家族にとって幸せなんでしょうか?それが良い悪いは別にして、お父さんの発言や行動が家族の姿を映し出しているのかもしれませんね。みなさんのお父さんは家で笑っていますか?

 家族ディのラストは、園舎の屋根から投げた水風船をキャッチするゲ~ム!!園長と幼稚園スタッフが屋根から水風船を投げて、それを下で小人、お母さん、お父さん達がキャッチします。え、何の意味があるかって?わかりません!!ただ、楽しいだけですいつもは下でキャッチする側ですが、今回はスタッフと一緒に屋根に登って風船を投げることになりました命綱付けて(苦笑)。ただ、屋根からみんなへ水風船を投げながら屋根の上からみんなの楽しそうな姿をたくさん見ることができてとても幸せでした。

幼稚園スタッフ「〇〇さん、どんどん水風船なげてあげてね~」

私「ねえ、水風船って何個くらいあるの?」

幼稚園スタッフ「ん、1000個

作り過ぎです!!

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

重い、軽い…成長への思い [育児]

最近、みなさんは小人を肩車することがありますか。昨日は10人、今日は6人肩車をしました。いや~、正直44歳にはキツイです!!更に小人達の遊びはエンドレス…「次は俺」「私」「もう一回!!」要求が止まらない!!まあ、喜ぶのでついついたくさん肩車しちゃうんですけど(苦笑)。最近は三女と長男を肩車した時に「あ、成長したな~」と感じます。

 あるお母さんが三歳児検診の時、保健師さんからお母さん、ちゃんと小人に話しかけていますか、遊んでいますか?と言われたそうです。保健師さんは小人の発語と歩行状態に少し遅れを感じたのでしょう。ただ、いつもト〇エ幼稚園で朝から夕方までいつも小人と遊んでいるお母さんにとってはショックだったようで・・・そのお母さんは「じゃあ、これ以上私は母親としてどうしたらいいの?!」と嘆いていました。

 小人には正常な発達や成長を示す基準があり、検診ではその基準に照らし合わせて助言、必要に応じて継続支援や医療機関で精密検査を親御さんに進めることにしてます。もちろん成長には個人差があり、小人の置かれている環境によっても差が生じます。ただ、個人差があるからといって基準に外れていても「大丈夫です!!」とは言えませんだからこそ検査や継続支援は必ず必要です。ただ、今回のケースでは数値や小人の動き、反応の基準と同時に、母親の思いや育児環境、健康状態などの現状を聞きながら頑張っていることを認め、不安に思っていることを聞くことがより必要だったのでしょうね。もちろん、保健師さんの発言の前後にはいろいろなコミュニケーションがあったと思うのですが、毎日工夫や苦労しながら精一杯子育てしているお母さんにとってはすべてが否定されたように受け止められたようで「もう、あの人には相談したいとは思わないわ!!」と言っていました。似た職種の私にとっても耳が痛い言葉でした。

 低い、高い、軽い、重い、おしゃべり、無口、よく笑う、表情が乏しい…大きく見れば小人の個性であり、違いがあることに不思議はありません同時に違いがあっても小人の未来の可能性は変わりません。そして、子育て育てにおいてお母さん、お父さん、お兄ちゃん、お姉ちゃん、それぞれの立場と環境、家族内の役割などによって抱く思いや不安、ストレスは違いますそのことを理解できるよう話を聞きながらどんな立場の人でも自由に発言して、泣いて、笑って、「少し話して良かった」と安心してもらえるような関わりが自然にできる存在が身近にいたら…もっと子育ては変わり、小人達の命を守れるかもしれませんちなみに私にとって妻がそんな存在です。みなさんにはそんな存在が身近にいますか?

 不登校だった中学3年の長女、今は新しい学校へ転校して再チャレンジしています。ただ、少し無理して疲れがでたんでしょう、今日は朝から体調が悪く、少し遅れて登校したそうです。

長女「いや~、おはようございますと挨拶しながら教室入ったら自分の席がなくて…よく見たら隣の教室だったさ~。隣のクラスと自分のクラスに大爆笑された(苦笑)」

妻「あ、それよくわかる!!こないだ小学校の授業参観にいったら知り合いのお母さんから『ここ教室違うよ』って教えてもらって初めて隣のクラスにいると気がついたわ~

家族みんな大爆笑!!。さすが妻の娘、遺伝ですな~。長女は将来私にとって妻と同じ頼もしい存在に成長してくれると感じました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

I am ICEMAN(アイスマン)!! [育児]

 皆さんは仮装大好きですか?私は大、大、大嫌いです!!。

 私がお世話になっているト〇エ幼稚園では気温が上がるとどこからともなく『アイスマン』がやってくることになっています。アイスマンの正体は幼稚園にいるお母さんお父さん仮装や化粧をして小人達の前に現れ、面白いことを言ってアイスを配るという、いわばショ~タイム!!です。普段はこんなことに参加しないと心に決めているのですか…人出が足りず出ることになってしまいました。仮装なんて忘年会や新年会でやることはありますが、酒も飲まないでやるにはかなり恥ずかしすぎます!!ただ、同じ『アイスマン』を演じたお母さん達はノリノリで、とても楽しんでいましたその勇気に感心・・・というか、この幼稚園のお母さん達は何か行事があると仮装して出し物をするので羞恥心はなく仮装慣れしてます(笑)。結果的には小人達も大喜びで、恥ずかしながらショ~タイムに少し貢献できてよかったです。

 そんなト〇エ幼稚園も今年で30周年を迎えます。園長とお母さん達の有志がビニールハウスから始めた幼稚園が今では園舎ができ、多くの卒園生と家族を送り出してきました。30周年という節目に当たり、今日から在園生のお母さん達が行事の企画、運営に乗り出しました。私も25周年には幼稚園行事の企画、運営に参加していました。その時、3カ月かけてお母さん、お父さんと協力して木を切り、図面を引いて組み立てた手づくりブランコが今でも活躍しています。みんなが自分の小人の面倒を見ながらなのでとても大変。ただ、よりいい行事をしたいというみんなの気持ちが話し合いから伝わりました。私ができることは些細なことですが、少しでもお母さん達が行事準備に専念できるよう小人達と遊びながらケガのないよう見守っていきたいと思います。頑張れ!!お母さん達あ、お父さんも)。皆さんは最近自分や家族以外の誰かのために頑張ったことはありますか?

あるお母さん「なんか〇〇さん(私の名前)のこと幼稚園にくる実習生と思っているらしいよ~」

私「でもさ、44歳の実習生はちょっとないよね~(苦笑)」

そんな44歳のおじさんを小人達はいつも受け止めてくれるのでした。小人って優しいね


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。