So-net無料ブログ作成

マル子が残してくれたもの [その他]

一緒に幼稚園で生活していた犬のマル子が悪性リンパ腫で亡くなりました。

 以前、マル子は卒園生の家族と一緒に東北で生活していました。震災後、その家族が引っ越した家ではどうしても一緒にいられなくなり、幼稚園で生活することになりました。平日、マル子は子ども達と、土日や長期間の休みは幼稚園に通っている家族の家で一緒に生活してました。我が家もうさぎと一緒に生活してますが、かわいいという感情だけでは長く一緒にはいられません。育てる、一緒に生活することは大変です。私は子育てだって一緒だと思います。

マル子が悪性リンパ腫とわかり手術が必要となった時、幼稚園の家族が開催したバザーの収益と卒業生の家族からの寄付により手術を受けることができました。手術後は幼稚園に戻り、多くの子ども達や家族から愛されて亡くなりました。

 私はマル子から2つのプレゼントをもらいました。

 一つは、この幼稚園の繋がりの強さを再確認させてもらえたこと。幼稚園に関係するみんながマル子のことを大切だと感じ、みんなでなんとかしようと自然に協力しあえる人間関係を感じることができてました。この幼稚園には他の幼稚園には決してないコミュニティと繋がりの強さがあります。それは小人が卒園してもかわりません。私はこのコミュニティに出会わなければ決して小人を好きになることはありませんでした。この幼稚園にとても感謝しているし、この幼稚園を誇りに思っています。

 もうひとつは、マル子を通じて疎遠になっていた人達と再び繋がれたこと。私は、葬儀は亡くなった方が葬儀に参列した人達との関係を再構築してくれる最後のプレゼントだと考えています。最近は家族葬や密葬という形態があります。葬儀はお金がかかるので一概に善し悪しを言えませんが…そこでの出会いが今まで忘れていた、疎遠になっていた人間関係を再びつなぐきっかけになるのではないかと思うのです。意図的な利害関係を前提としたやり取りではなく、亡くなった人のおかげで何かの縁が再び動き出す…そう考えると、死とは残された人達にとって大切な一場面なのかもしれません。私もマル子を通じてまた幼稚園のコミュニティへ戻ってくることができました。

 ちょっとしたきっかけと強い思いがあれば何かを取り戻せるチャンスはある。ただ、そのきっかけが小人が亡くなるニュースでは悲しいです悲しいニュースを他人事と思わず、何が原因なのか、自分達に同じようなことが起こっていないか、小人の発言や行動の変化はどうか…残された私たちがどう考えるかが大切ではないでしょうか。

 マル子、ありがとう。これからも空の上から小人達が健やかに成長する姿を見守ってくださいね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。