So-net無料ブログ作成
検索選択

春先の打ち上げ花火にご用心!! [育児]

今日、引っ越し前の荷物整理で「手持ち花火がでてきましたこれはいつの?!)。今夜は雨だったので、明日は家族みんなでやりたいと思っています。雪が残る春先の花火というのもちょっと楽しみです。

そうそう、花火というと新潟の「長岡花火」が日本3大花火と言われています。何度が見に行きましたが、とても綺麗でした。ただ、終了後の人ごみと車の渋滞もハンパなくて大変です。個人的には同じ新潟の「片貝花火」がオススメ。その迫力と素晴らしさは一度見ると忘れられなくなります。機会があればぜひ双方の花火を見に来てください。

あと最近、選挙が近いため子育て支援政策という「打ち上げ花火」が紹介されています。昨日の朝〇新聞には、保育士さんの処遇改善に関する記事が掲載されていました。パパは大賛成。だた、公〇党の要望の中に「保育士給与を月額10万円程度増やす」、民〇・維〇の党は「月額5万程度増やす」法案を提出すると書いてありました。つまり、実現すると、例えば今まで15万円だった月額の給与が20~25万円になるわけですが・・・選挙を見越したかなり派手な「打ち上げ花火」ですね~。でも冷静に考えてください。例えば10人の保育士さんがいて、その給与を10万ずつあげるとどうなるでしょうか

一か月10人×10万円=100万円×12カ月=1200万円。プラス賞与も上がれば人件費はどうなるのでしょうか?更に毎年の昇給なんて…この規模で処遇改善できる保育園やこども園が全国にどの程度あるのでしょうか?みなさんが保育園経営者なら実施できますか?おそらく大企業でもこんな大幅な給与上昇は無理!!まさに現実離れした話です。

この処遇改善の問題は、「打ち上げ花火」であってはいけません。私は、「線香花火」のように少しずつ保育士さんが働きやすい環境や処遇が良くなり、保育園経営者が実施、継続しつづけられるような方法を考えないと問題を解決することはできないと思うのですが…昔、「こども手当」って打ち上げ花火を掲げて選挙で大勝した政党がありました。結局、この花火は最後まで夜空に打ち上がることはありませんでしたよね(苦笑)。国会議〇の先生、もう火のつかない花火はもういりませんもっと現実的な花火、お願いします~。そして、私達も見かけの「打ち上げ花火」騙されないような視点や思考が必要かもしれません。みなさんはどう考えますか?

明日の夜は家族みんなで花火ができるよう晴れてほしいです。ただ、こちらの花火もきちんと火がつくかどうか…少し不安です(苦笑)。明日もみなさんに幸せなことがありますように。

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。