So-net無料ブログ作成
検索選択

深い暗闇にも光を見つたいんだ!!(『ひとでなし』の家出編②) [家族]

パパです。『ひとでなし』の私が家出をした初日。軽自動車を運転して高速道路で一番最初に向ったのは福島県の二本松市前ブログでも記載しましたが、大学時代にワンダーフォーゲルでお世話になった先輩と同期が結婚して今は5人家族で生活してます。

突然、夕方5時半に電話して、夕ご飯と宿をゲット!!って・・・、確か今、仮設住宅で避難生活してんじゃなかったけ?!う~~~ん、ど~うしようか。しかし、今更気を使って行かないというのも変だしまずは仮設住宅に行ってみることにしました。

奥さん(私と同期)と近くのショッピングモールで待ち合わせして、まずは自宅に案内してもらいました。自宅は震災の1年前に新築したばかりの一軒家。住宅ローンもたくさん残っているそうで・・・今は自宅周辺の毎時放射線量が高いため、住めない状況が続いているそうです。最近やっと自宅敷地内の除染作業が終了したらしいのですが、自宅周辺の放射線量が依然高いため、自宅で生活することは難しいらしいのです。また、市の財源の関係上、仮設住宅維持が難しくなり、近いうちに退去しなければならないことになるようで・・・私たちが気がつかないだけで、本当にまだ震災はいろいろな問題を抱えたまま、まだ何も終わっていないんだなと感じました。

国道から車で15分程度山側に入ったところに仮設住宅街がありました。その姿を見た瞬間、正直ちょっと違和感を感じ、言葉を失いました景観の問題で建物を意図的に統一する外国や地域もありますが、こんな狭い空間の中にたくさんの仮設住宅があり、気を使いながらみんなが生活しているのか・・・そんな雰囲気でした。好きでみんなここに住んでいるわけではなく、自分の家で生活したいに決まっています。でも、それが許されない、できない事情がそれぞれの家族にあるのです。仮設住宅の中は2畳程度の台所と4畳、6畳の部屋、お風呂トイレがありました。5人家族にはちょっと狭いかな。生活に必要な荷物を入れたらほとんど部屋に住めない状況で、わざわざ自宅まで物を取りに行くようです。これは想像以上に大変な生活環境です。現在の私の生活がいかに恵まれていて、普段、生活に不安を抱えることなく、時間を過ごすせることがいかに幸せなことかと感じました。

そんな中、外で元気よく遊んでいる小人を発見!!すぐさま話しかけて一緒に遊びました。その小人はワンゲルの先輩と同期の小人(長女)でした。どんだけ走れば許してくれるの!?っていうくらい仮設住宅の周りを競争して回っていたら、気がついたら5~6人の小人たちが集まってきました。フラフープ、自転車、鬼ごっこ、ホッピング・・・キリがない小人達の遊び。でも、小人達と一緒に走って、遊んで、笑ったおかげでさっき感じていた違和感や不安が一瞬ぶっ飛びました。本当に小人達の力ってすごいなあと思いました

不安や辛い生活の中で、自然に大人はここまで楽しめず、笑えないかもしれません。小人はそれをいとも簡単にやってのけるんです。私が小人に敵わないなあ~思う所以はここにあります。そして、この小人達の存在が、先輩たちの生きる大きな力になっていました。この小人達を守り育てることが私達すべての大人に求められていることであり、そこに未来の希望があります。今は震災や放射能によって深い暗闇に包まれているとしても、必ずこの小人達によって光が生まれるはず。そのために今、私たちに何ができて何をしたらいいかを考えてみる必要があると思いました。

まだ、何も終わっていないし、何も解決していない・・・私はこの家出で福島、宮城、岩手を旅する中で嫌というほど実感することになります。それは、また今度に。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。