So-net無料ブログ作成

夫婦ゲンカから、「すまいぽ・ぽ~ん」へ [育児]

パパです。最近、三女がハマッている言葉は「すまいぽ・ぽ~ん」です。エッ?なんですと?って思いますよね。私が風呂場に非難していたら、三女がドアを開けて「すまいぽ・ぽ~ん!!」、トイレに入っているときもドアを開けて「すまいぽ・ぽ~ん」。ポイントはいつも笑顔。これでわかったあなたは天才!!(というより変な人です)そして、三女の手にはいつも焼きそばの麺が・・・。これでわかったあなたは、三女と仲良くなれます。さあ、みなさんはわかりましたか?正解は・・・このブログの最後に発表~。お楽しみに。

先日、夕方の幼稚園の窓際で長男(1歳)と一緒にいたら、Yちゃんのお母さんがやってきました妻とも仲がよく、わたしにもよく話しかけてくるお母さん。とても性格もよく、行動的で幼稚園のおかあさん方からも信頼があり、どちらかというとアネゴ肌という印象です。私は幼稚園でも数少ない「お父さん」。そのため、子育てに消極的なお父さんを持つお母さんから相談をうけたり、「どうして仕事を辞めて幼稚園に来ているの?」とか「うちのおとうさんにももっと子育てに協力するように何か言ってよ!!」など、返答に困ったり難しい要求をされることがあります(苦笑)。Yちゃんのお母さんは、以前から少し精神的に辛いことがあったことを話していたので心配でした。

Yお母さん「先週の青組みさんの「旅立ちの会(詳しくはブログで確認ください)」の夜、とうとう我慢できなくなって旦那と大ゲンカになったのよ」

ついにそうなったか・・・。旦那さんは、決して悪い方ではありません小人達の行動や反応に理解できない、受容できないことがあった仕事がうまくいかないことで苦労していた。そのストレスがお母さんや小人達に厳しい言動として向けられることが多かったのですYちゃんのお母さんは苦しんでいました。私ははすぐには解決できないと伝えました。そしてについては、仕事のストレスが家族に向けるくらいなら心身共にマズイ状況。エスカレートするのであればすぐに仕事を辞めてもらうことも考えてみては?と提案しました。確かに、経済的支柱を失うことはリスクを伴いますが、それと引き換えに妻や自分の小人達からの信頼を失い、夫婦関係や親子関係を崩壊すれば=家族崩壊です。それは、決して小人達が望むことではありませんそうなる前に、Yちゃん夫婦は、今まで言いたくても我慢していたことをお互い全部叫んでやる~、そのあとはどうなってもいい!!っていうくらいの大ゲンカがやはり遅かれ早かれ必要だったのです。Yちゃんのお母さんのケンカ内容を聞いて私は感心しました。

パパ「いや~おかあさん。よく頑張って今まで言えなかったことがよく言えたね。すごいよ~。」

そして、Yちゃんのお母さんの一言で安心しましたYお母さん「もう、お互いが散々言いたいことを言ったら、旦那が泣いて「俺だって、辛いんだよ」って言ったんだ。私もそのことはよく分かっていたんだけど、そんなこと今まで一言も言ったことなかったし、泣いたこともなかった・・・。そこまで本当に辛かったんだって思ったらね。やっぱり旦那だけを責められない・・・

パパ「お父さんはすごいね。本当に辛い時は辛いと言えて、泣くことができるんだもん。泣くのって大人になると「かっこ悪い」とか思うし、「男なら泣くな」って感じだからさ。でも、そこまで言えたら、もう大丈夫だと思うよ。お父さんは自分の非を認めながらも、大切な誰かにやっぱり自分のことも理解してほしいって素直に伝えられたんだからさ。すごいことだよね。」

その日からYちゃんのお父さんは少し変わったようで、小人に対して怒りをぶつけなくなり、それどころか今まで自らしなかった小人との会話を始めたそうです。すごい進歩で、エライなあと思いましたYちゃんのお父さんも少し変わりはじめているのかもしれません。その変化は、夫婦だけではなく、小人達にも良い影響を与えていくことができるのではないでしょうか。

「泣くこと」は恥ずかしいことではありません人間として大切なことです。嬉しかったり、悔しかったり、悲しかったり・・・場面は異なりますが、「泣くこと」が人生の中で取り返しのつかない最悪のケースにつながったこと、みなさんはありますか?私はありません。それよりも恐ろしいのは、感情を押し殺して、泣くこともできない、ゆるされない精神状況に追い込まれた人間がどうなるのか・・・そのほうが心配です。私たちは仕事や育児、家事などで疲労やストレスを抱えています。その限界点を超えるとき、人間は自分より弱い者への攻撃を始め、正当化して、気がついたら取り返しのつかないケースを引き起こしてしまうことになるのではないでしょうか?自分のためにも、家族のためにも決して我慢せず、伝えたいことは言葉にして言いましょう何かが変わることがないかもしれませんが、何かが始まるはず・・・。私はそう思います。みなさんはどうですか?

花は花として わらいもできる 人は人として 涙もながす
それが自然のうたなのさ 心の中に 心の中に 花を咲かそうよ
泣きなさい 笑いなさい いついつまでも いついつまでも
花をつかもうよ

さあ、みなさん、三女の答えはわかりました?正解は「スマイル、フォー、オール」という東洋水〇のCMのセリフでした~。う~ん、難しかったですね。風呂場やトイレに焼きそば持ってアピールしてきてもわかりませんよ~。でも、その焼きそばが、東洋水〇の商品で、三女はそのことを必死にアピールしたかったようですよ。「すべての人に笑顔を」ですか・・・偶然とはいえ、タイミング的に三女にしてはナイスなチョイスでした。「すまいぽ・ぽ~ん」が社会全体に広がっていくといいですね。東洋水〇、美味しい焼きそば、ありがとう~


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 1

ちゃーちゃん

こんにちは‼
三女さんの可愛い言葉・・・正解を聞いても私にはその「CM」が解りませんでした。  でも「全ての人に(^_-)-☆ 」と言うのが良いですね。
又、男でも泣きたい時は泣けばいい・・・ホントに我慢ばかりしていたら
良い事がありませんよね。良いお話が聞けて良かったです(^_-)-☆
by ちゃーちゃん (2012-04-17 14:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。